ウェブ会議のイメージ

WEB会議とテレビ会議はここが違う!

ウェブ会議のイメージ

WEB会議はテレビ会議の上位互換と言えるものです。
いずれも映像を見ながら会議を行うことができるというもので、コミュニケーションツールとして使われます。
しかし、テレビ会議の場合には専用の機器が必要ですし、使用される装置も同じ規格のものが必要で利用される通信回線もISDNに限られるなどといった制約があり、通信できる相手側の場所も制限されるといったところがあります。
このためテレビ会議そのものは常設して利用するものが一般的で会社組織内で異なる部署との会議に主に使われています。

テレビ会議では、常設した装置で利用シーンとしては定期的な会議が中心になります。
専用の回線を用いることも多く他店接続装置としてはあまり役に立ちませんが、高品質な映像でやりとりができますし、専用の回線ですので他の場所に漏れるといったことがありません。

一方でWEB会議はテレビ会議の上位互換です。
WEB会議のメリットは他店接続装置として使え、複数の拠点と通信することができます。
使用される機器もパソコンやタブレットなどが利用されます。
テレビ会議のように専用の機器を使用するのではなく既存の情報機器を利用するためイニシャルコストが高くないですし簡単に購入できます。
また大画面への出力といった意味でもパソコンやタブレットは対応しているのでテレビ会議のような利用できます。
またWEB会議のコントロールはソフトウェアで行われるので専用の機器と異なってパソコンやタブレットにアプリをインストールしたり、WEB上で提供されるサービスを利用することで、インターネット回線に接続されていれば世界中のどこからでも場所を選ばずに利用することができます。
また代替となる機器の選択も多く機器が故障した場合には新たな機器を購入して対処するといったことが可能です。

ある意味ではオープンな通信の仕組みのWEB会議ですが、セキュリティ面でもPtoPを利用しているのでソフトウェア的な欠陥によって誰かが割り込むといったことはありませんから安全です。
またWEB会議とテレビ会議でもっとも異なるのが映像以外のデータも送受信することができるということです。
テレビ会議では映像のみですがWEB会議ではさまざまなデータを同時に送受信することができます。
これによって映像と資料を見ながら会議を行うことができるので、離れた場所でもプレゼンテーションのようなことも行うことができます。

関連記事
  1. 光回線
おすすめ記事
  1. 光回線でノンストレスWEB会議!
  2. WEB会議とテレビ会議はここが違う!
アーカイブ
ページ上部へ戻る