ウェブ会議のイメージ

WEB会議だけじゃない!IT技術が変えたこと

スマートフォンや光回線よる高速通信の普及によってIT技術の革新が急速に進んでいます。
従来、人が移動しなければできなかった遠隔地同士の会議がパソコンやスマートフォンによって行うWEB会議によって簡単にいつでも行うことができるようになりました。
このようにIT技術の進歩が生活にもたらした影響にはさまざまなものがあります。

WEB会議で使われている光回線による動画の相互通信は、広告の分野でもデジタルサイネージとして活用されています。
デジタルサイネージはディスプレイに情報を表示して不特定多数に見せる掲示方法で、広告や情報提供に使われています。
AIを活用することにより対象者に合わせたオンデマンドな情報提供も行うことができます。

IT技術の進歩は電子上のことだけではありません。
従来、画像データを紙に印刷するために使われていたプリンターが、材料を硬化させたり、削ることで造形ができる3Dプリンターを生み出しました。
そのため高額な制作費が必要だった少量の試作品などを3DのCADシステムでデータを用意するだけで3Dプリンターを使って、その場で形にすることができるようになりました。

また、音声認識の技術も実用できるレベルまで向上しています。
キーボード操作による入力を必要としなくなったことからさまざまな家電製品にIT技術が使われるようになり、急速にloTが広まることになりました。
loTとは物とインターネットの融合のことを言います。
音声認識によって聞き取った言葉によって家電製品をコントロールできる時代に突入しています。
このままloTが進めばリモコンは不要になり、声をかけるだけで家の中にある家電製品を扱うことができるようになります。

そしてこれから発展すると言われているのが仮想通貨です。
通常通貨は国家で使われる紙幣や硬貨で扱われ、その価値が保証されています。
国家間の取引においては、その価値差が生じることからの為替相場と呼ばれる取引が行われています。
仮想通貨はそのような特定の国家による価値の保証がない通貨のことで、主にウェブ上で取引されています。
実際の通貨によって購入するか、何らかの手続きによって入手することができます。
為替レートが存在しないため国家をまたいだ取引もいつでも行うことができます。
現時点では複数の種類の仮想通貨が生み出されている状況で、定着するにはまだまだ時間がかかると思われていますが、今後確実に広まると言う勢いがあります。

関連記事
  1. 光回線
  2. ウェブ会議のイメージ
おすすめ記事
  1. 光回線でノンストレスWEB会議!
  2. WEB会議とテレビ会議はここが違う!
ページ上部へ戻る