ウェブ会議のイメージ

環境のことも思いやっているのがデジタルサイネージ

従来の宣伝方法としては、看板やポスターなどがありますが、豊富な情報を消費者に伝えるには限界がありました。
看板は、電飾の物や立て看板など様々な種類がありますが、電飾の看板の場合、電球が使われていますので、発熱が大きく、電気代もかかりがちです。
ポスターは、利用が終わりますと処分する事になりますので、CO2が出る原因になってきます。
そこで環境の事を考慮するのであれば、デジタルサイネージに切り替える事も検討していくと良いでしょう。

デジタルサイネージは、専用の端末と液晶モニターをセットにして使ったり、タブレット端末を活用したりする事で、従来の宣伝に使われていたポスターよりもペーパレスを進める事でCO2を削減する事が出来ます。
グリーンITを実現する為の手段として、デジタルサイネージの活用は有用であり、動的な緊急案内をしたい時に、即座に情報をデジタルサイネージに送って配信させる事が可能です。
看板やポスターは、制作している会社に注文する事になり、その分、人件費がかかってきますが、デジタルサイネージを導入する事で、人件費の削減を実施する事が可能です。

ペーパレスによるグリーンIT化は、資源の無駄を省き、温暖化などの環境問題を解決する為の方法として、多くの企業で行われてきています。
ポスターを貼る枚数を減らしていく事で、次第にペーパレスへと近づけていく事が出来るデジタルサイネージは、初期投資がかかるだけで、LEDや省電力なプロセッサなどが使われている事で、24時間365日液晶ディスプレイを表示し続けても電気代が電飾の看板を使うよりも遥かに抑えられるというのが利点となっています。

デジタルサイネージを導入するメリットは、ペーパレスによるグリーンIT化による環境の保護だけではありません。
最近では、立て看板タイプや壁掛けタイプ、街頭に設置出来る超巨大モニターまで様々なタイプがあり、宣伝を見てもらうターゲットに合わせて、デジタルサイネージを選べるようになっています。
店舗では、立て看板や壁掛けタイプは使い勝手が良く、今までのメニュー表や告知用の黒板ボードの代わりに使えます。
巨大モニタータイプの場合は、コンテンツの配信を実施する事で、宣伝したい内容を直ぐに流せるといった速報性の高い使い方を行っていく事が可能です。
デジタルサイネージは、従来の宣伝メディアと比較して、内容の更新がしやすく、設置場所に迷わずに、色々な所で宣伝を行えて便利です。

おすすめ記事
  1. 光回線でノンストレスWEB会議!
  2. WEB会議とテレビ会議はここが違う!
ページ上部へ戻る