ウェブ会議のイメージ

光回線でノンストレスWEB会議!

光回線

WEB会議のシステムは従来のインターネット回線ではなく、速度性に優れた光回線を利用することで用途が拡大しました。
フレッツ光などの光回線は一般のインターネット回線と比較して大容量のデータを送受信できるものです。
従って、文書や音声だけではなく高画質な映像を送受信することも可能になっています。
このことからWEB会議があらゆる分野で普及し、これに応じてWEB会議の用途も多様化しています。

フレッツ光は光コラボという形式で様々な企業からサービスが提供され契約できる仕組みとなっています。
そのため、都市圏だけに限定されず、あらゆる地域で高品質な光回線のサービスが利用できるのです。
その結果として、WEB会議の活用頻度も上がってきています。
また、光コラボは事業者ごとにリーズナブルなパッケージを提供しているということもあり、費用面からも利用しやすいサービスです。
それゆえに、費用対効果の大きなサービスとして光回線の導入が各企業で進んでいます。

このストレスフリーな高速回線は企業ミーティングだけではなく、指導を要するセミナーでも活用されているサービスです。
フレッツ光に見られる光回線はデータ送受信の機能に優れており、高い解像度が要求されるセミナーにも対応できるシステムなのです。
そして、この回線は参加人数の多いセミナーにも対応できるので、拠点数の多いケースでも高品質な映像を送信することが出来ます。
そのため、数千単位の参加者へ向けた情報配信で、場所を限定されないセミナーを開催することが可能な通信インフラです。

更に、光回線を用いたWEB会議システムは第三者からの不正なアクセスにも対応しています。
特に、予めアクセス可能なメンバーを登録することで、不正なアクセスを行う事が出来ないようにしているのです。
このようなセキュリティはサポート体制が完備され、専任のオペレータが会議の開催中はサポートしてくれます。
従って、重要機密を扱う会議でも安心して開催することが出来るのです。

そして、WEB会議で重要になる点としては音声の乱れが挙げられます。
この点も光回線の高品質なデータ送受信の機能ならば安心できます。
通常のインターネット回線では速度も遅く、会議中の音切れや映像の乱れが多発していました。
その結果、ミーティングで情報の詳細を伝えることが困難になってしまったのです。
しかし、光回線のサービスは質の高いミーティングを遂行するため、音声ノイズ削除や映像の乱れを防ぐ機能を装備しています。
このことから国内だけではなく、海外からでもクリアな音質と映像で会議に参加できます。

関連記事
  1. ウェブ会議のイメージ
おすすめ記事
  1. 光回線でノンストレスWEB会議!
  2. WEB会議とテレビ会議はここが違う!
アーカイブ
ページ上部へ戻る